ラインツイスト&スピン

ハイパフォーマンスキャノピーの、ちょうど良い感じのラインツイスト映像が撮れました。

KATANA-97に乗り換えて少なくとも400回は飛んでいるんだけど、初めてのラインツイスト&スピン。
パックもプルの姿勢もとくに問題は無く、偶然にオープンのバランスが崩れたのだと自己分析。

ラインツイストはマルファンクションではありません。
マイナープロブレムです。(直せます)
カッタウェイ判断/実施の最低高度
 ノーライ・Aライ:2,500ft
 Bライ以上:1,800ft
までに修復できなければカットも仕方ありませんが、直す努力も無しにカットして周囲に迷惑をかけるのは避けたいところです。

ハイパフォーマンスキャノピーほど、ハードなスピンに突入します。
様々な問題に対処する知識や気持ちの備えが足りないのであれば、そのサイズダウンは時期尚早です。

参考までに。

ラインツイスト修復

降水確率80%

先週の土曜ね。
コンタクトレンズも入れず、昼飯も買わず、飛べない気全開でDZへ。
ファンジャンパーはほとんど居ないし、スクールもすべてキャンセル。

まさか飛べるとはね。^^;
DZの特異天気でした。

AFF Lv.7

これほど美しいプルはなかなかお目にかかれないもので。
AFFオフおめでとうございます。^^

スクール日和

だと思ったんだけどなー。。
午前中は気持ちよく飛べたものの、午後は風が不安定。
8~16ktとそれほど強くは無いものの、中級者でも転ぶシーンがちらほら。

1本目:RW

とても綺麗なデルタでした。
スクールのお手本映像として使わせてもらいたいと思います。

2本目:ソロカメラ

体重の軽い女性にありがちなハードアーチの傾向があったので、前日のトンネルキャンプでは「なるべくアーチをせずにリラックスして飛ぶ」練習。
フォールレートを意識せずに飛べるレベルまで出力を落としてみたら、なんと49%(!)

力が抜けていて、静かで、とても良いジャンプでした。
軽さは武器です。レンジの広いジャンパーになってくださいね。

そこそこ風が吹いていたのでリアライザーだけでランディングしてみようと思ったら、想定外のスッカスカ。
イントラがケツでドーン。orz