ウィンターキャンペーン

あいにくの曇り空だったけど、6,000ftから上はブルースカイ。

1本目は余ってたジャンプルチケットを消化。
20081115_1
3,500ftからの雲中Exitで、いきなりコケた。
とりあえず、何も見えない・・・。
1,500ftぐらいまで降りたところで、ようやく滑走路が見えてきた。

地上にターゲットを置いてくれたので、アキュラシーに挑戦。
(どれだけターゲットに近づけるかってやつ。プロだと1mm単位で勝敗が決まるらしい。)
踏む気まんまんでのファイナルアプローチも虚しく、かすりもしなかった。

2本目はExitだけ2way。
20081115_2
ただの環境映像だけど、雲海がとても綺麗です。ハイ。

空の広場にある一番左の自動販売機でコーヒーのHOTを買おうとしたら、
間違えてCOLDのボタンを押しちゃった。
「あー、やっちまった。。」と思いながら取り出し口に手を伸ばすと、そこから
出てきたのはHOTのお茶。
冷たいコーヒーを押すと温かいお茶が出てくるなんて、一つも正解してない。
どうやらボクの気持ちを汲んでHOTにしてくれたらしいけど、なんなんだこの自販機。

12月1月はウィンターキャンペーンってやつで、飛べば飛ぶほどお得。
雪山に穴を掘ってる場合じゃございません。ガッツリ飛びましょう。

Genting Sky Venture

「閉鎖」とか「壊れたまま放置」などの情報があったマレーシアのウインドトンネル。
ゲンティング・ハイランドのサイトを見てみると、11月4・5日にメンテして11月6日に再開となっている。
結局、直したのかな?

3年前に行ってきたんだけど、そりゃあもう楽しかったわけで。
足首を捻挫しちゃって、帰国してから病院直行だったけど。。

トンネル以外にも屋内・屋外のテーマパークが充実していて、カジノもある。
家族で行っても充分楽しめるし、成田から7時間と近いのもいい。
(※プラス、クアラルンプールからバスで山道を3時間弱。これが結構キツイかも。)
娘が2歳になるまでは飛行機代がタダなので、家族で行くとしたら来年かな。

パパ頑張って仕事してたくさん稼がないと。
・・・って、残業代が支給されないのにどうやって稼ぐのか誰か教えて欲しい。w

YouTube

WordPressにプラグインを突っ込んで、YouTubeを貼り付けられるようにした。

とりあえず、空撮屋さんのランディングをペタ。

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

キャーーー!
映像を見てるだけで頭の中から変な汁がでてきます。

1本2本サンボーン

1ヶ月ぶりに飛んできた。って、いつも1ヶ月ぶりな気がするけど・・・。
相変わらずヘタっぴだけど楽しいもんは楽しい。

1025e.jpg

場外に豪快なブレーンバスター。だったり、

1025f.jpg

はっはっは、見ろ、まるで人がゴミのようだ。By ラピュタ。だったり、

1025g.jpg

ボクは手しか映らない。だったり、ラジバンダリ。

最近はよく飛行船(↓右下の白いやつ)がいる。今日は「ダイワハウス」バージョンだった。

1025h.jpg

この飛行船って、巨大なウィンドソックなんだよね。
必ず風上に向かって係留してあるから、ランディング方向(原則は、一番最初に降りた
キャノピーと同じ方向で。)が分かりやすい。
んで、疑問なのは、「誰がどうやって風上に向けてるの??」ってこと。
微妙な風向きの変化で、微妙に頭の向きが変わってたりするんだけど、あんなデカイ図体の
ものが風見鶏みたいに自然に動くわけじゃないだろうし。

たぶん、ケツのほうにロープを繋げて、バイト君がリアルタイムに引っ張ってるのかと。
片手には風車。片手にはロープ。必殺仕事人か。
実際にそんなバイトがあったら楽しい。
5分だけやってみたい。

ナイトジャンプ

夜にスカイダイビング?!なんにも見えなくね?って感じで。

ヘルメットとアルチメーター(高度計)にケミカルライトを取り付け、ギアにストロボライトを装着。

080927-172701.jpg

地上5,500ft(約1600メートル)から見る夜景は、ため息が出るほど美しい。

night1.jpgnight2.jpg

Exitの瞬間は、「闇に吸い込まれる」という表現がぴったりかな。
風を切る音はいつもと同じはずなんだけど、なんだかとても静かだった。
地上の光が自分を照らすスポットライトのようで気分がいい。

パラシュートをオープンし、ターゲットを視認して一安心。
遠くに他のジャンパーのストロボライトが見える。
アルチメーターが若干見づらいけど、いつものランディングパターンで
慎重に降りてきた。
とにかく素晴らしい体験ができた。次回のナイトジャンプも必ず参加したい。

aircameraman.com

先週のジャンプルを『空撮屋』に撮影してもらった。
掲載許可を頂いたので、早速アップロード。

h26p2.jpg

4,000ft(約1,200メートル)からのジャンプルで、Exit直後にパラシュートを開く過程が
見事な連続写真になっている。
ピンクのジャンプスーツに、オレンジがアクセントのJavelin。
DZには月1~2回しか行ってないけど、以後お見知りおきを。

思い出が写真や映像に残るのっていいね。
昔と違ってデジタルだから色褪せないし。
空撮屋カツさんのブログにもあるとおり、
「初心者の時の映像は、ジャンプ回数が、増えれば増えるほど、価値が大きくなる。」
ファンジャンプはもちろんだけど、体験ジャンプ(タンデム)のビデオ撮影はマジでおすすめ。
全身で感じた時速200kmオーバーの風圧が何度でもよみがえり、それはもう鳥肌ものですよ。

ジャンプル

朝8時30分過ぎにDZへ到着したけど、雨が降っていてウェザーホールド。
11時頃に青空が見えてきて、ようやくジャンプ開始。

久しぶりにジャンプルでもと思い、4,000ft(通常の3分の1の高度)で途中下車することにした。
Exit直後にプル(パラシュートを開くための動作)するんだけど、落下スピードが遅いから
オープンするまでにいつもよりも時間がかかる。
たった1~2秒の差だと思うけど、感覚が全然違うから結構スリリングなのだ。
『きちんとオープンしてくれてありがとう』なんて、当たり前のことに珍しく感謝してみた。

地上がはっきりと見えるところからの降下なので、なかなかいい映像が撮れているかもと
思いつつテープの巻き戻しボタンを押すと、何も反応が無い。
ふ・・・そういえば、RECボタン押してない・・・。

080906-100329.jpg
(キャラバンにステッカーが貼られたの図)

ジャンプジャンプジャンプ

天気予報は曇りだったけど、日差しは強くてそこそこのジャンプ日和。

080816-120115.jpg
(docomoカラーの飛行船)

080816-120129.jpg
(キャラバン搭乗前)

b.jpgc.jpg
(入道雲がたくさん)

1本目:2way
朝一ロードでのジャンプ。
カメラのオートフォーカスを切り忘れて、ほとんどピンボケ。。

a.jpg

2本目:2way
まだまだ天気は良くて、気持ちの良いジャンプ。
20080816_1.mpg(52MB)

3本目:3way
コンディション最悪。離陸するときはまだ平気だったのに。
20080816_2.mpg(33MB)
氷の粒が顔面をビチビチ叩く。
動画のファイルサイズが小さいのは、ほとんど真っ白だから。
地上はMAX20knotの強風でとにかく怪我をしないように粛々とランディング。
その直後に豪雨となり10分後にはDZ水没。

080816-161549.jpg

ニュースとかで「ゲリラ豪雨は異常気象のせいだ。」なんて言われているけど、
異常な状態が長く続けばそれは「通常」になるわけで、その辺の認識をそろそろ改めたほうがいい。
これはただのスコールですから。
で、来年からは春夏秋冬じゃなくて雨季と乾季。

DZに着いたら10分でジャンプ

先週の土曜日に飛んできた。
7時出発の予定が、モタモタしてて30分ほど遅れて出発。
アーリーバード(朝一ジャンプ)には間に合わないかなーと思いつつ、9時過ぎにDZへ到着。
車を降りると同時に1ロード目のコールが。
とりあえず受付を済ませて一服すっぺとタバコに火を付けたら、マニフェストから
「このロードで行けるー?」との声が。
トランクから荷物を引っ張り出して、ちゃきちゃきと準備。
AADはOK。ディターもOK。ギアチェックもOK。アルチもOK。ゴーグル持った。ヘルメット持った。
全部完璧のはずだった・・・。

ソロで飛ぶ予定だったけど、Y氏とのなんちゃって2wayに変更。
んで、上空10,000ftで気付いたさ。
ビデオカメラが充電されてない・・・。orz
前日の準備で充電器をカメラに繋げたんだけど、実はコンセントが刺さってなかったらしい。
こういうときに限っていい感じに飛べたりするから不思議なのだ。

食材買い出しの予定があったので、パックしてすぐに撤収。
DZ滞在はわずか1時間。最短記録だな。

埼玉は安くて美味い食材が多い。
マンション買ったばかりなのに、もう引越ししたくなってきたぞ。

ひっさしぶりー

《USPA降下空白規定》
下記日数以上の降下空白がある場合はリフレッシュが必要です。
・スクール生及びライセンスなし:30日以上
・Aライセンス保持者:60日以上
・Bライセンス保持者:90日以上
・C・Dライセンス保持者:6ヶ月以上
——(TSCメールマガジンより引用)

ボクはBライセンスで、降下空白が89日。^^;
リフレッシュ(気分転換)が必要なのはもちろんだけど、今日飛べなかったら
リフレッシュ(予約をして、インストラクター指導下でのジャンプ)になるとこだった。

天気が良く風も安定していて絶好のジャンプ日和。

080607-105550.jpg
20080607_1.jpg

2本目はジャンプスーツを着ないでTシャツで飛んだ。上空はまだちょっと寒いかな。
腕回りがスカスカでコントロールが難しく、やはり環境ビデオ撮影会となってしまった。

帰宅して嫁に映像を見せたら、『二人とも全然上手にならないねぇ。w』
否定はしないけど、楽しいからいいんです。
でも、もうちょいコンスタントに飛ばないとね。。