パラシュート開かず落下も生還

 英国中西部のシュロップシャー州で14日、スカイダイビングの撮影をしていた男性カメラマンが、パラシュートが開かないままで落下した。男性は飛行機の格納庫の屋根に激突したが、命に別状はないという。中国新聞社が17日、香港メディアなどを引用して伝えた。

 「奇跡の生還」を果たしたのは、英国人のカメラマン、ポール・ルイスさん。40歳で、20年あまりのスカイダイビング撮影の経験があるという。ルイスさんは、現地のスカイダイビング会社の撮影依頼により、他の2人ともに、高度約3000メートルの上空からスカイダイビングを始めた。

 高度900メートルでパラシュートを使用する予定だったが、開かず。予備のパラシュートにもトラブルが発生し、地上600メートルからは「自由落下」の状態になった。

 ルイスさん地上の飛行機格納庫の屋根に激突した。屋根には傾斜がありルイスさんの体は縦方向の運動量をそぐ形で、横方向にバウンドしたとみられる。同時に、屋根の頂上部分に開かなかったパラシュートが引っかかり、それ以上の落下を食いとめた。

 ルイスさんは頭部と首に負傷して、ヘリコプターで病院に空輸されたが、命に別状はないという。翌日にはけがの状態も安定し、精神的にも落ち着いているという。「パラシュート・センター」の責任者によると、ぶつかった屋根は金属の板で作られており、へこむことで衝撃を吸収した。落下位置が3メートルずれていたら、コンクリート部分に激突した。比較的軽いけがですんだのは、「奇跡的なほど、運がよかった」という。
――――――(サーチナより引用)

メインとリザーブの両方が開かない確率は天文学的数字だと言われていて、
「奇跡的なほど、運が悪かった」ともいえる。
軽い怪我で済んだのは、たしかに「奇跡的なほど、運がよかった」んだけど、
怪我をしたことに変わりはないので差し引き「ちょっと、運が悪かった」となるのだろう。
「無傷だった上に、ぶつかった衝撃で肩コリが治った」としたら「ちょっと、運がよかった」。

文面だけで判断すると、メインをカットしてリザーブがマルファンクションって感じかな。
厳密には「自由落下」じゃないはずだけど、それにしても命が助かったのはラッキー。

パラシュートが開かない確率よりも、交通事故に遭う確率のほうがはるかに高いので、
DZへお越しの際はくれぐれも安全運転で。

マニフェスト

スカイダイビングのドロップゾーン(降下場)で受付をしている場所を「マニフェスト」という。

manifest:(”マ”にアクセント)
[名]積み荷目録、乗客名簿

それに対して、昨今話題の政権公約も「マニフェスト」という。(正確には、マニフェストゥ)

manifesto:(”フェ”にアクセント)
[名](君主・政府・団体などが出す)宣言(書), 声明(書)

あなたの代わりに調べておきました。

ジャンプ&フットサル

眠い目をこすりながら朝一でDZへ。
到着して2分で「行ける?」と聞かれて、『どこに?』と聞き返す間もなくギアアップ。
車から装備一式を引っ張り出し、5分後にはキャラバンへ搭乗。

上空は5℃前後で、Tシャツ短パンでも全然OK。梅雨空だけど地上は点々と見える状態。
4名のジャンプル、3way、ボクはソロ、あとはタンデム。
久しぶりのソロジャンプなので、とりあえずバックフライでフワフワと飛ぶ。
気持ちイイ。

どっこいしょ、と、シットに移った瞬間、目の前でバキッという音がしてゴーグルが外れた。
ヘルメットのところでビチバチ跳ね回ってる。またか・・・。
眼鏡用のゴーグルは空気抵抗が大きいので、下からの風圧で簡単にめくれあがる。
次回からはスキー用のゴーグルに戻そう。

1本だけ飛んで、成増にあるフットサル会場(SALU 和光成増)へ。
正直、フットサル、ナメてました。
学生の頃はテニスコートを駆け回った上に6kmのランニングを毎日こなしていた俺様が、
こんな狭いコートで、1試合たった7分なんて余裕だろうと・・・。

いざスタートしてみると、驚くほど足が言うことを聞かない。
気持ちは前へ行ってるんだけど体がついていかず無様に転ぶ。
そういえば、最後に全力で走ったのは何年前だろうか。。

2時間で計5試合ぐらいに参加し、最後のほうは歩くのもままならず。
とても楽しかったけど、30代になって初めて「下り坂」というものを実感した。orz

パパ・ブッシュ、85歳スカイダイブ

bush.jpg
AFPBB News

75歳から5年ごとにタンデムで飛んでいるファンキーな爺ちゃん。
ゴールデンナイツに囲まれてスカイダイビングなんて、どんだけVIPなんだ。

パパ・ブッシュが大統領だった頃の日本の総理大臣といえば、
宇野宗佑(逝去)
海部俊樹(78歳)
宮澤喜一(逝去)
細川護熙(71歳)
とまぁ、パッと顔を思い出せるのは海部さんと宮澤さんぐらいか。

細川さんあたりは、タンデムのお客さんとして来ても誰も気付かないかも。
それ以前に、予約が大変だ。

細川氏:「モ・リ・ヒ・ロ、です。守護のゴに・・・」
事務所:「主語述語のゴですか?」
細川氏:「あぁ、守るほうの守護です。」
事務所:「あ、守護のシュですね?」
細川氏:「あ・・・、そうです・・・。ヒロは・・・、ヒロは・・・、んー・・・、広いのヒロです。」
事務所:「細川守広さんですね。ありがとうございます。」

全然違う。

テトリスのCM

ジャンパー同士でブロックを作り、空中でテトリス。
すごすぎ。(YouTube-携帯閲覧不可)

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

この発想は素晴らしいけど、仕事を請けたほうは「何言ってんだコイツ?」と思ったに違いない。
でもノリでやっちゃう。
ブラボー。

飛び初め

雲を吹き飛ばす強風で、澄み切った青空。
どちらかといえばジャンプ日和なのかな。

090315-102650.jpg
(なんだか誇らしげなウィンドソック)

眼鏡の上から装着できるゴーグル(約900円)を買ったんだけど、
kroopsovertheeye1.jpg
ゴムバンドの締め方が足りなかったようで、Exitして15秒ぐらいで風圧に負けてめくれあがった。
おでこのところでビチビチと跳ね回るので、仕方なく飛行機へ戻った・・・って、それは無理だな。w
目が痛いもんで、とにかくオープン高度までじっと我慢した。

20090315_1

ゴーグルのレンズ(極薄のプラスチック)は割れていて、「やっぱ安物はダメだね」なんて
思いつつ、締め方が足りなかったのは自分のミス。
こういうときに続けてジャンプすると怪我しそうなので、おとなしく撤収することにした。
次回ジャンプは3月20日(祝)の予定ー。

飛び初め

まだ飛んでませんが。^^;

4日に、嫁と娘を連れてDZへ新年の挨拶に。
体調不良だったのでジャンプは無し。
風が強かったから、ギアを持っていっても飛んだかどうだか・・・。

090104-104700.jpg
(てってけてー)

090104-104745.jpg
(連れてってください)

帰り際にトイザらスへ寄り、叩き売りしていたお絵かきマットを買った。
水だけで絵が描けて乾けば消えるという優れもの。
マットに仕掛けがあり、ペンの中には水を入れるだけ。
たとえマット以外に描いたとしても、色は付かないしペン先の水分でちょっと湿るだけで済む。

090104-143613.jpg
(芸術は爆発だー)

次回のジャンプは10日の「New Year ブギ」にて。

飛び納め

天気は良かったんだけどね。70knotの上空風が残念。
キャノピーが全然前に進まないし・・・。

ぐるぐる環境ビデオを撮影して、1本で終了。

081228-103226.jpg
(雲ひとつ無い青空)

081228-112323.jpg
(ケータイで撮るのは難しい)

来年のジャンプは1月4日から。
良いお年を。

クリスマスなのにケーキ(計器)がない

誰がうまいことを言えと(ry

キャラバンの速度計が壊れたらしく、23日に予定されていたクリスマスブギ(イベント)は中止。
押入れの奥から引っ張り出してきたこのサンタクロースの衣装をどうしてくれよう。

ま、機械ってのは必ず壊れるもの。
とくに飛行機には命を預けているだけに、じっくりと直してほしいところ。

今年のジャンプ回数は20本。引越しの前後で3ヶ月ほど降下空白があったとはいえ、
もっと飛んでる気がしてたんだけど。
とくに怪我やトラブルもなく、自分的には良い一年だったと思う。
また来年ー。

っていうか、ちゃんと飛び納めしたいんですけど。orz